2style.net
TOP








冷たく過ぎていった日々は

決して 涙を語る物ではなくて

二人がいてこそ咲かすことができる

大きな未来のために存在していたのさ