「そんなに珍しい?」

青い瞳が幾分彷徨って、やっと僕の瞳を捉えた。 その顔が世間で言うあほ面というか、僕は笑ってしまった。
2style.net