ゲレンデで犯された母親の輪姦レイプ体験談/小説/話

ゲレンデで犯された母親の輪姦レイプ体験談/小説/話



コンテンツ

冬休みのある日、夜中に家を出て朝に向こうに着くように家族でスキー場に行った時の話です。

私は寒い所が苦手だったのでスキーの好きな父は会社の人とはスキーに行っていましたが、家族で行ける事に大変喜んでいましたが、母は私同様寒い所はあまり好きではないようで私同様初めてスキーをやるとの事でした。

父が会社の人達と良く行っている当時は穴場的な場所らしくスキー好きな人には周りを気兼ねしなくて大丈夫なぐらいな人数でした。

天気は曇りでしたがこの日は雪が降ることも無さそうでした。

父はマイスキーグッヅを持っていましたが私と母はレンタルでした。
私は白の母はオレンジのスキーウェアを借りて初心者コースで父に教えて貰っていましたが、早く滑りたくてウズウズしている父の様子が分かったのか母は苦笑しながら私達に気にせず滑ってきたらと言い、父は嬉しそうに上級者コース目指してリフトに乗って行ってしまった。

取り残された私達は初心者コースの端で何度もこけながら父に最初に教わった滑りを練習していました。

ゴーグルをしていたので年は分かりませんでしたが、二人組みの男性が声を掛けて来て私達に滑り方を教えてくれました。
暫らくして一人の人が向こうの方で軽く流して見ましょうという事でまず母が一人の人とコースを離れた奥の方に消えて行った。

もう一人の人は私に教えていたのだが、時計をチラリと見ると私に迎えに来るまで此処で一人で練習しているように言いその人も母達が向かった方向に行ってしまった。

一人トボトボ教わった練習をしていたが、一人では不安になりスキー板を外して母達の向かった方に歩いていきました。

後ろを振り返るとゲレンデは見えなくなるくらいでした。
ますます不安になった私は更に母達の後を追いました。

ふと雪の上にオレンジの物体が見えました。私は何だろうと思いながら近づいて見るとそれはスキーウェアでした。

私は咄嗟に母が着ていたスキーウェアの色を思い出し母のだと確信しました。

周りを見回してみると雪山の木陰に人影が見えたので母のスキーウェアを手に持ちながら近づいてみると、殆んど裸に近い格好の母が片足を持たれてバックから犯されていました。

犯していたのは最初に母と此処に向かった男性、もう一人は母の突かれる度に揺れる巨乳を我武者羅に揉みまくっていました。

声は聞こえなかったのですが、母は髪を振り乱し嫌々をしますがそれが更に男達を刺激するのか腰の動きを速め母を突きまくり、揉みまくりしていました。

私は怖くて只母の犯されていく様を見守るだけでした。唯一聞こえた母の声は、
「ヒャァ・・ヒャァァ・・・な、中は・・・ヒィィィ・・・イヤァァァァァ・・・アッ・・」

このような母の叫び声が聞こえた後、母と男は雪の上に崩れ落ち、選手交代とばかりもう一人の男が母を正常位で犯し始める頃には母の意識は朦朧としていたのかされるがままだった。

満足したのか男達はもう一度母の身体を弄った後ゲレンデの方に戻って行った。
母は震えながらも雪を手に持ち股間を洗い始める。
私が母に近づくと母はオッパイと股間を反射的に手で隠したが私だと分かると抱きしめて謝り続けた。

再びヨロヨロ起き上がりオレンジのスキーウェアを着る母の姿は子供ながら色っぽいと思った。

父と合流後も母は元気が無かったが帰る間際に私は気付かなかったが、二人組みの男性を見つけると立ち止まり、キッと二人を睨みつけると男達は母のオッパイを揉んでいた時のように揉み揉みとジェスチャーを母に示した。

母は俯くと足早に駐車場に行ってしまった。

帰りの車中父は私達をほったらかしにしたことを詫び、しきりにご機嫌を取っていた。

その夜、珍しく母の方が父に求めていったのを私は知っている。




■関連リンク
[その他]
女友達のねっとりお掃除フェラ浮気エロ日記
レズの快感を知った女教師のセックス体験話
妻と妻の友人と四つん這い3PセックスSM話
人妻のSMアナルセックス&輪姦レイプ告白体験談
燃えたセフレとの一夜浮気セックス告白体験談
元同級生の子のフェラチオ口内射精エロ日記
お隣さんと夫婦交換 初の人妻スワッピング告白体験談
甥の勃起の面倒見る叔母のセックス告白体験談
泥酔した女の子をお持ち帰り浮気エロ小説
調教されたフェラの上手い女との寝取られSM小説

[掲示板]
女性の官能小説掲示板

[ランキング]
2chのエロ体験談ランキング

[アンテナ]
2chのエロ話アンテナ




戻る
トップ
(C)ゲレンデで犯された母親の輪姦レイプ体験談/小説/話
2style.net