芥川龍之介年表トップ

芥川龍之介年表


芥川の35年の生涯を年表にした。
表中に太文字で表記されている人名に関しては、「人物録」で説明がされていることを示す。
そちらも併せて御覧頂きたい。
また、年表は@西暦 A年齢 B出来事 C作品 の順で作成するものと定める。
                     
分  類
内  容
年少時代(明治25〜38年3月) その誕生から、小学生時代まで。
三中・一高・東大時代(明治38年4月〜大正5年11月) 多くの学友との出会いや師匠・漱石との出会い。
横須賀海軍機関学校教官時代(大正5年11月〜8年3月) 作家と教官の両立。そして結婚。
作家時代【前期】(大正8年4月〜10年7月) 作家一本の生活と中国視察旅行。子どもと女。
作家時代【中期】(大正10年8月〜12年) 神経衰弱・体調の悪化と「保吉物」の登場。
作家時代【後期】(大正13年〜14年) 軽井沢〈越びと〉。
作家時代【後期】2(大正15年・昭和元年)鵠沼〈二度目の結婚〉。          
晩年と死・その後 「ただほんやりとした不安」

* 年表の節立ては鷺只雄編『年表作家読本 芥川龍之介』の目次を参考とした。
2style.net