芥川龍之介人物録*や行

芥川龍之介人物録 * や行


表に示される人物名をクリックすると、その人物説明にあたる所に飛ぶことができる。

や 行 人 物 一 覧 表
山本喜誉司(やまもと・きよし)
山本有三(やまもと・ゆうぞう)
与謝野晶子(よさの・あきこ)
与謝野鉄幹(よさの・てっかん)
吉田泰司(よしだ・やすし)
吉田弥生(よしだ・やよい)


山本喜誉司(やまもと・きよし)……1892〜1963
芥川の妻文子の母方の叔父。東京生まれ。東大農科卒。
芥川の三中時代の親友。
三菱合資会社に入社し、北京に滞在。中国旅行の際、その山本宅を芥川は訪ねている。
後年ブラジルのサンパウロで牧場を経営。日系社会のリーダーとして活躍した。
明治38(1905)年に東京府立第三中学校に入学。芥川と同級となり、交友が始まる。明治40(1907)年には、山本家にいた塚本文子を知る。
明治43(1910)年、一高の入試に失敗。慶応理財科に合格するも、翌年一高を再受験して二部乙に進学。大正6(1917)年には東大の農科を卒業した。
芥川から山本宛の書簡は現存するだけでも83通あり、深い友情を感じさせる。他の友人宛書簡と比べて、感情を素直に吐露しており、時に同性愛的な情感さえも漂わせる。山本は、芥川にとってセンチメンタル的な部分も曝け出せる親友であった。
山本有三(やまもと・ゆうぞう)……1887〜1974
小説家・劇作家。本名は勇造。栃木県生まれ。東大独文科卒。
芥川の一高時代の同級生。初め劇作を志し、1920年の「生命の冠」で認められた。後に小説に転じ、「彼」「女の一生」「真実一路」などを書く。
第二次世界大戦後、参議院委員をつとめたほか、国語国字問題にも貢献した。
与謝野晶子(よさの・あきこ)……1878〜1942
歌人・詩人。旧姓鳳晶。本名は晶(しょう)。堺女学校卒。
1901年に家を飛び出し、上京。与謝野鉄幹と結婚。『明星』に参加。
鉄幹と結婚した明治34年に『みだれ髪』を刊行。自由奔放で情熱的な作風で、注目を集めた。小説・童話・随筆・感想など多方面で活躍。『源氏物語』の口語訳でも知られる。
芥川は、大正8年5月31日、神田のミカドで開かれたホイットマン百年祭で、与謝野夫妻に初めて会う。
8月初旬の宮城県青根温泉滞在は、晶子の紹介であるらしい。その後、芥川の中国旅行壮行会に晶子も出席。大正15年には芥川が「越びと」の掲載を晶子に求めている。
与謝野鉄幹(よさの・てっかん)……1873〜1935
詩人・歌人。本名は寛。京都生まれ。与謝野晶子の夫。
落合直文の知遇を得て、その門下となった。1892年に上京。短歌結社浅香社を創設。1899年には東京新詩社を創設し、翌年から機関誌『明星』を発刊。新派和歌運動に貢献した。
詩歌集に『東西南北』『天地玄黄』がある。
吉田泰司(よしだ・やすし)
1919年片山敏彦らと同人誌『青空』を創刊。のち『白樺』『高原』などに寄稿している。
芥川は1927年4月の『生活者』に載った吉田の「河童」評に礼状を送っている。
吉田弥生(よしだ・やよい)……1892〜1973
芥川が結婚を望んだ女性。初恋の相手といわれてきた。青山女学院英文科卒。
父・吉田長吉郎、母・よしの間に生まれるが、非嫡出子として届けられ、両親の結婚後認知される。非常に聡明な女性であったと伝えられる。
弥生の父が勤務する東京病院(庶務課)に、新原家が牛乳を納めており、それを契機に両家の交際が生じ芥川も早くから弥生を知っていたものと思われる。
芥川が弥生のもとをたびたび訪れるようになるのは大正3年5月頃で、その頃の弥生宛書簡も残っている。
しかし同年秋になって弥生に縁談が持ち上がり、芥川の弥生への愛は一気に高まって求婚を決意する。が、芥川家人の猛烈な反対にあって断念した。大正4年早春の事であった。
反対の理由としては、弥生が非嫡出子であったこと、弥生が芥川と同い年であったこと、弥生の縁談が進行中であったことなどが推測される。
この恋愛の破局は、愛とエゴイズムの問題を核として、その後の芥川の人間認識に大きな影響を与えた。芥川文学形成への影響も少なくなかったと思われる。
弥生は、陸軍中尉の金田一光男と結婚。戦後は光男の郷里盛岡に住み、そこで没した。
2style.net