芥川龍之介人物録*わ行

芥川龍之介人物録 * わ行


表に示される人物名をクリックすると、その人物説明にあたる所に飛ぶことができる。

あ 行 人 物 一 覧 表
渡辺庫輔(わたなべ・くらすけ)
和辻哲郎(わつじ・てつろう)


渡辺庫輔(わたなべ・くらすけ)……1901〜1963
長崎の郷土史家。長崎生まれ。長崎中学校卒。
中学時代より民俗学に興味を抱く。
大正8年長崎を訪れた芥川・菊池と知り合う。大正11年再訪した芥川と交友を結び、芥川の紹介で『中央公論』などに長崎に関するエッセイを発表しだす。
上京してからは、芥川宅近くに住み、毎日のように通って指導を受けた。
大正14年父親の病気を理由に一時帰郷するも再び15年上京。しかし父親は他界し、以後長崎に永住した。長崎の郷土史家として大成。
芥川が最も愛した弟子のひとりであった。
和辻哲郎(わつじ・てつろう)……1889〜1960
倫理学者・哲学者。兵庫県生まれ。東大哲学科卒。
中学時代に漱石の「倫敦搭」を読んで心酔。
東大在学中に第二次『新思潮』を小山内や谷崎らと創刊。『スバル』『帝国文学』にも作品を寄せる。
芥川との関わりも、漱石を通してのものと思われる。第三次『新思潮』創刊集会に和辻も参加している。また芥川の「葬儀記」(大正5)にも名が見え、『羅生門』出版会にも列席している。
大正6年の書簡には、和辻の名が集中して登場する。彼の評論「偏頗と党派心」を読んで身につまされたこと。これは森田草平と論争に発展したもので、芥川は書簡(6月10日付江口宛)の中で「可成興味がある」と言っている。
また鵠沼の和辻宅を訪問した際の印象を、当時まだ婚約者であった文子に、「静かな家庭が羨ましくなりました」(5月31日付)と書き送っている。
2style.net