芥川龍之介人物録*ら行

芥川龍之介人物録 * ら行


表に示される人物名をクリックすると、その人物説明にあたる所に飛ぶことができる。

ら 行 人 物 一 覧 表
力石平蔵(りきいし・へいぞう)


力石平蔵(りきいし・へいぞう)……1898〜1975
芥川作品の愛読者。神奈川県生まれ。本名は「ちからいし」。
芥川との所見は、芥川が大正10年に湯河原へ静養に行った時とされる。
22歳で2歳年下の女性と駆け落ちし、芥川の世話で出版社に勤務する。改造社か人間社か諸説ある。
生まれた長男には「龍之介」と名づけるが5歳で夭折した。
芥川に「トロッコ」「百合」「一塊の土」の素材を提供した。
いずれも平蔵が書いた原稿を芥川が大幅に手直しし、芥川作としたものである。
「トロッコ」「百合」は、平蔵の子ども時代の思い出を基に、「一塊の土」は、平蔵の祖母と義理の母の話が基調となっているとされる。
2style.net