インシュリン注射でなぜ低血糖


インスリンんおかげで、ブドウ糖は細胞ん中に取り込まれていき、栄養っちなるたいね。そーしゅるっち、体に最低限必要なブドウ糖量ば下回り、低血糖状態に陥る訳なしけんしゅ。また、そいやったらこぎゃん事もいるたい。決められた量ちゃりもえらいたくさん打っちしもたり、打つ時間ば間違えたりしゅるっちなる場合の多かやね。逆に、食事ん量ばいつでんちゃりえらいたくさん摂っちなおすっち、今度は注射したばいインシュリンの少なく、高血糖状態になるこつもいるたい。 いつでんちゃり、食欲の湧かいなくて、食事ん量ばちょこっと減らしたばいっちするとよ。そんでから、インシュリンの出らんなら、外がら注射っちゆう形でインシュリンば補おうっちゆうんのインシュリン注射ん考え方なしけんしゅ。ブドウ糖はインシュリンのなかっち、細胞ん中に入っちつまらんけん、インシュリンばずっっち待ていますたい。だけん、しゅい臓ん機能の弱っちいるっち、食事ばしてからも、インシュリンは必要量出てきまっしぇん。 ちょー食事ん時間の遅れたりしゅるっち、血液中んブドウ糖ん量ちゃり、インシュリンん量のえらいたくさんなり、インシュリンの効き過ぎてしまいますたい。そーしゅるっち、摂取したばい糖がとちゃりも、注射したばいインシュリンん量んほうの上回っちしまい、同じく低血糖ば起こしゅ事ばってんあっけんばい。ばってん、待てど暮らしぇどインシュリンは出てきまっしぇん。もうちょーもうちょっとわかるごとお話するっちゃろ……通常健康な方な、モグモグ食事ばしゅるっち、そん直後がら、しゅい臓のインスリンば放出し始めましゅ。 健康な体な、食事ば食べたっちゃん量や時間に合わしぇて、体の自然に、インシュリンばがと泌しゅる量や時間ば調節しとってくれる訳やけど、インシュリン注射ん場合はそーはいきまっしぇん。そいで、ブドウ糖はずっっち血液ん中にいるこつになり、高血糖状態になる訳なしけんしゅ。だけん、インシュリン注射ば行なうほうの、あっけん意味食事量や時間にバリ神経ば使わなければつまらんっちも言えるんやね。また、量や時間ば守っちいてもいつでんちゃり運動量の多かったり、食事ん時間ん間隔のいきしゅぎたりしゅるっち、低血糖になる場合のあっけんばい。


糖尿病 食事

リンク集|123

Copyright © インシュリン注射でなぜ低血糖 All rights reserved

2style.net