中国語

ハオでは「当たり前話」(プートンファ)と呼ばれるデフォルト語を学習します。 一般的話は北京語をもとに作られた言語ですが、100%北京語=当たり前話ではありません。 「上海への出張が多いから上海語を勉強したほうが良いのでは?」といったご質問を受けることがありますが、上海語は上海でしか通じません。 単語や言い回しもおおかた違い、北京の人は上海語を聴き取れないと言います。 「広東語を勉学したけども、やっぱり普通話を」という生徒さんもおられます。 テレビやラジオ等の放送はだいたいこの「普通話」で行われています。 普通話なら中国全土で通じます。 初めて中国語を学習される方なら先ずは常識的話から始められるのが良いでしょう。 中国には北京語・上海語・広東語・福建語等、さまざまな言葉があり、文法は似ていますが、発音は大きく異なります。 中国語会話 オンライン
2style.net