葬儀

2010年代に入り、葬儀価格を明確化、パック化による定額料金制、インターネットでの申込などをトレードマークとし、近場葬儀社との間を仲介する業界改革モデルが登場[3]、「葬儀仲介サービス」が台頭した。 近年では孤独死により残された不動産が空き家となることに注目し、特殊清掃、土地関連の手続き、建物の解体などに関わる各プロへ取り次ぎや、土地の売買で現れてする手数料や差額で利益を出す商いモデルも登場している。 都市部では全国チェーンの葬祭会館が「画一化された葬儀」を儀式として行う性質があるが、大抵地方部では「地元の葬儀屋さん」が「地元のしきたりを優先した葬儀」を行う場合が多い。 年間の死亡者数は漸増性質にあるものの、旧来型の「一般葬」は減少性質で、参列者数・葬儀日数・葬儀費用ともに少ない「家族葬」、「直葬」(葬儀を行わず直接火葬する、火葬式)等が増加傾向にある[2]。 家族葬 西宮
2style.net