着物

着物は、平安時代に着用していた衣服の(小紬)が始まりとされています。 日本人の顔や体格に映えるもので、日本の四季にも適しています。 昔のように、普段着として着用する機会はほぼ失われてしまいましたが、現在でも一部の人から愛され続けています。 現在の時代を生きる私たちからすると、「特別な場所」で着用するという印象が強くあるかと考えますが、着物は日本が世の中に誇れる伝統文化で、長い成り立ちが受け継がれています。 明治維新や開国によって衣装が急速に欧米化し、一般人にまで和洋折衷の服装が浸透していきました。 ストーリーをたどると今まで知らなかった、着物の奥深さを知る事ができます。 江戸ご時世になる頃に小紬の完成型になり、着物と帯の姿に移り変わりをしました。 着物は世界中から、日本の文化の象徴として人気を集めています。 本来は、日本人の民族衣装とされていました。 今となっては普段着で着用する事はおおかたないのですが、お祝いの席などで着ている人はいまだに多々あるです。 中古着物 通販
2style.net