←戻る

「FTF-01 アルカナ」 オンラインマニュアルという名前の組み立て説明書。

 本製品はガレージキットといわれるレジンキャスト製組み立てキットです。
:<必ずお読みください>:
・組み立てには2.0mm、3.0mm、3.3mmドリル等の工具が必要になります。
・組み立てる前に市販の離型剤落とし・中性洗剤・クリーナーなどでパーツ洗浄をおこなってください。
・組み立て中・組み立て後の破損については返品・交換対応は致しかねます。
・レジンキャストの性質上、湾曲・収縮・段ズレが存在します。気になる方は湯煎・工具類などで修正してください。

当方の武装はデザインから立体化まで個人で行っており、定められた製作例やらカラーリングは一切存在しない武装です。
パーツを使ってオリジナル武装の製作の素材として使っていただいても全然OKです。切って刻んで盛って付けて遊んで下さい。

*個体差:収縮により軸の太細の差が存在します。開ける穴の大きさを変える、瞬接などでの軸太らせなどで修正してください。

全18パーツ。ここでは一例としてメガミデバイス、MMS対応として組み立てます。
腿接続軸3mmを使用してあげればFAGなどにも対応できます。
指示通りの穴を開けていきます。主要関節部位は少し太めの3.3mm径になっています。
*このキットは接着しませんので、破損に注意し、関節部位の硬さを確認しながら、
軸を太らせる・穴を大きくするなどで調整してください。三枚目は左右の脚両方。
脚部メインスケルトン組み方。
*このキットは接着しませんので、破損に注意し、関節部位の硬さを確認しながら、
軸を太らせる・穴を大きくするなどで調整してください。
特に収縮を考えて、爪先パーツは2mm穴でかなりきつく調整してあります。
足首のパーツを左右交換(凸ジョイントを前に向ける)しても組み立てできます。
 完成組み立て一例。
装甲は好きに使用・配置してください。三枚目のウイングはメガミデバイスの物。 。

 完成・塗装パターン・サンプル一例  。二枚目はザイルドバルハ懸架パーツによる帯刀例。


BLOG:http://kirabat.blog29.fc2.com/

←戻る

2style.net