HTC J Butterfly: SIMフリー化改造情報

2style.net

ホーム: このページについて

このページは KDDI から発売されている HTC J Butterfly HTL21を改造し、 SIMフリー化する方法について記載しています。

従来の方法では、 日本版 HTC J Butterfly に台湾版 HTC Butterfly x920d の ROM を入れることにより、 W-CDMA 方式の SIM (docomo、SoftBank 等のSIM) で使えるようにしていましたが台湾版にない CDMA 方式の SIM(KDDIのSIM等) で通信機能が使えなくなる欠点がありました。このページ記載の方法では、W-CDMA方式、CDMA方式の両方が使える完全SIMフリーが実現できます。これで、KDDIのSIMはもちろん、NTT-Docomoや、IIJ・OCN・日本通信などのSIMも使えるようになります。

注意: この方法は無保証です。この方法に従った結果、あなたのHTC J Butterfly に回復不能なダメージが発生したとしても、莫大な通信費用が発生したとしても、その他いかなる事象についても自己責任で対応下さい。

(2017-04-02追記)

過去にはこのページの左のメニューにある1~4の手順でSIMフリー化できていたのですが、 2017年時点で、左の方法ではSIMフリー化できません。 このページは過去の情報として残してありますが、2017年現在SIMフリー化にトライされる方は、次のリンクに従うことをお勧めします。

  1. 現在使用しているOSがもし 1.36.970.1 であれば、次のURLに従って 1.15.970.1へダウングレードする必要があります。1.36.970.1 は S-OFF が難しいためです。 http://htcsoku.info/htcsokudev-news/au-deluxe-136to115-downgrade/
  2. 1.15.970.1へダウングレードすることに成功したら、このページの左のメニューにある「2. S-OFF」の手順に従い、S-OFFを実行します。
  3. S-OFFができたら、次のURLに従って SIMロックを解除します。 http://himahima.ldblog.jp/archives/44560754.html
  4. プラスエリアも使いたい方は、このページの左のメニューにある「4.プラスエリア化」の手順に従います。

上記一連の手順に従えばSIMロックを解除してNTT-DoCoMoなどのSIMで通信が行えるようになります。