2013年10月・・
月状骨の圧壊が進んでいるかも?という疑惑に包まれ、MRI検査をすることに。



MRI検査の結果がこちらになります









?











初診時のMRI画像と比較してみましょう。


初診時撮影 今回撮影
マルで囲っているところが月状骨(患部)。 黒いと、血が通っていない証拠です。 つまり骨切り手術を行ったものの全然よくなっていません。 ショックでした。 もうキーンベック独特の痛みは消えてるし、あとはボルト抜いたら完治だぜヘイヘイと思っていました。 キーンベックなめてました。 主治医「うーーーん あなたもまだ若いし・・・次の手を打つほうがよさそうですね・・」 从;・ω・从「と、いいますと」 主治医「生きてる骨を、直接、患部に移植してやるという手術ですね。ただしこの手術あまり成績がよくない。もうほんと、治るときはぐっとよくなるし、ダメな時はダメ。1か0なんです。」 从;・ω・从「それでも今のまま放置しておくと?」 主治医「圧壊が進む」 从;・ω・从・・・・・・・・・・・・。 主治医「今回ダメだったら、つぎの手を打つのは、もうずっと後の話ですけどね」 从;・ω・从(そうなると人工の月状骨埋め込みやろな・・・) 主治医「まあ。そしたら、ボルト抜きも一緒にできるしね。ボルトはもう抜かないとダメだからね。」 从;・ω・从(せやな・・) 主治医「んーじゃあ、12/10〜12/25の2週間とかどう?おさえときますねー」 从;・ω・从(!? 相変わらず心の準備をする間もなく事が進んでいく・・・) そんなこんなで、わたしは、社会人1年目にして病気休暇を取るハメになってしまったのだ・・・・
2style.net