昨年キーンベック病の手術を行ったわたしのその後・・・


―2012年12月(術後1ヶ月)―




キーンベックながらもポルノのライブに参戦。


―2013年1月(術後2ヶ月)―




キーンベック保険金(学生生協なので超黒字)をレンタル袴代に充てる。


―2013年3月上旬(術後3.5ヶ月)―



キーンベックながらも軽音楽部を卒業。
代役ギタリストに感謝。



―2013年3月下旬(術後4ヶ月)―



ギプス撤去!!卒業式もギプス取れた状態で袴着用!
週1のリハビリもとりあえず終了。


----------------------------------------------------

―2013年5月(術後6ヶ月)―


術後半年。社会人になった。※これは社会人の姿です。
数か月に一度、仕事を休んで診察へ。
なお、手首に体重をかけたり、自転車に乗ることは禁止された。
チャリ通したいぃ〜〜〜〜


―2013年6月(術後7ヶ月)―
3月以来の診察。
切ったところの骨は、まだくっついていない。
このころには痛みはゼロになっていた。

月状骨の様子は・・まあよくなっている?かな?



―2013年9月(術後10ヶ月)―
診察。骨はくっついていたので、年末に抜釘(ボルト抜き)をする方向。
痛みは、時々痛い時もあるが、ほぼない。何より、無理をしていない。
ここ1年で左手をかばう癖は十分についてしまった・・


肝心の患部である月状骨の様子は・・

もしかして:圧壊進んでる?


との診断。来月に精密検査をすることに。



―2013年10月(術後11ヶ月)―
MRI検査。

その結果は・・・




つづく










2style.net