●手術日


起床。
手術当日なので絶食絶飲。

9:00ごろ。
担当医の先生、襲来
「点滴はじめまーーーーーーす はいおっけー刺さったー」

从;・ω・从←人生初の点滴にうろたえる人


 

20Gってなんだよー。(ググってみる)
・・・
こんなに長い針が刺さってんのね。見なかったことにしよう。


昼間。

わたしの机にだけ食事が運ばれてこない悲しみよ・・
笑っていいとも面白いな・・・


14:00
手術室の看護師さん来室。
手術前後の流れを説明してもらう。
「手術BGMは、J-POP,K-POP、ジャズなどありますがいかがですか」
从*・ω・从 あ、じゃあJ-POPで・・・・・(手術BGMってなんだよ!)


15:40
そうこうしているうちにあっという間に手術時刻・・

 

「血行をよくする靴下」を履き、手術衣に着替え、帽子もかぶり。
看護師さんに呼ばれ、下の階にある手術室まで、自分で歩いて向かう。点滴台をごろごろさせながら。シュール。


15:50
いよいよ手術室へ。
名前と手術する部位を聞かれたのち、いよいよ手術室へ
手術台せっま・・・ベッドの半分ぐらいしかあらへんで・・
寝転がるよう指示され、脈を計られる。78。緊張しとるな!
麻酔科医「そっかー。情報ってことは、コンピュータとか・・かー」
从 ・ω・从「そうですねー」
麻酔科医「システムなんかもー範囲なのかなー」
从 ・ω-从「あっ・・
看護師「はぁーーい眠たくなってきますよお☆」
从 -ω-从 くそっ・・ハメられ・・・・どさっ


・・・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・。


看護師「はーい終わったよおおおおおお☆」
从 ・ω-从 あはい・・すこし・・夢を・・・見ていたようだな・・・

ここからの記憶は鮮明。
まだ手術台の上にいた。寒くて寒くて寒くて震え、歯ぎしり。
包帯を巻かれる感触も、「まだ(ギブス)固まらんなー」という声も、
ぱんつ履かされる感触も、手術台からベッドに自ら移動しようとして全力阻止されたことも覚えている。
よだれまみれで、脱脂綿を口に突っ込まれてムセたことも覚えている。

左手のことは気にしないようにした。こわい。
エレベータに載せられて自分の部屋に・・むかう途中で・・
看護師A「部屋は?!」
看護師B「7です!!(隣の部屋)」
从;>ω<从「ちがいます!!!!8です!!!!!」
看護師B「あ、8ですか!!!!!」
っていうやりとりがあったことを鮮明に覚えている。
なお、左手のことは気にしないようにした。再

つづく






2style.net