無償でお金ください

 

パパ活アプリで知り合った会計士からの提案  新型コロナの影響が強く、パートの収入が減ったままで苦労していました。 それまでの収入でも大変だったのに、パートの収入が減り、生活がますます苦しくなっていたんです。 無償でお金くださいって、自然に思うようになってしまいました。 30歳だから、まだまだ男性に相手にされるかもしれない。 デートだけで、体の関係を作らず、無償でお金くださいって発言しても問題ないかな? そんな考えに支配されてしまっていました。  食事パパを探す、そのためにはネットでの活動が必要です。 これは現実の世界で作ることが激しく厳しいからです。 勿論ネットの世界でも、ご飯パパというのは数が少ないとも言われています。 だから会えるかどうかは分りません。 だけど、挑戦しないわけにはいかない状態でした。 生活を守らなければならないのです。 不景気プラス新型コロナのため、これ以外の収入方法を思いつくことができません。 ネットでの活動は、必要不可欠でした。  無償でお金くださいと投稿する場所として、人気出会い系アプリにしました。 これは安全性も考慮し、さらに男性利用者の数からです。 多くの男性がいれば、太パパとの出会いが近いと考えました。 金銭的な支援を、エッチしないでしてくれる男性探しに没頭していくことになりました。  なかなか手応えもなく、諦めかけていた頃のことでした。 男性からの連絡がきて、やりとりになりました。 面接するまでに、一週間も必要ではありませんでした。 面接の時、食事デートのみ、支払いは都度払いの現金と言ってくれました。  実際の食事デートに出かけたのですが、これが想像以上のものでした。 回転しない寿司屋さんで、美味しいお寿司を食べて、封筒に入っている2万円を手渡されてしまいました。  ご飯パパと、定期の継続契約が決まりました。 エッチはしません。 毎回お食事だけです。 そして、毎回現金で2万円を支払ってもらえるようになりました。 無償支援掲示板 お金を無償支援します

 

 

 

2style.net