現金無償支援者

 

お金助けて  現金無償支援者って、本当にいるのかどうか? 怪しさを感じてしまったりしませんか? 私自身、お金には困っていました。 給料が少なく、物価は高い。 ギリギリを少し下回るような生活をしています。 そのため、とても強く興味があったのが、現金無償支援者との出会いです。 ですが、その都合の良い関係に、本当に存在しているのかどうか? 疑問を感じている部分もありました。 だけど、もし本当に存在しているのだったら、救って欲しい。 現金支援をして欲しい。 そんな気持ちを強めてしまっていました。  個人間融資可能な完全無料掲示板を発見。 こちらを見ていると、現金無償支援者が投稿しているのを発見しました。 慌てて相手にメール送信をしてしまった私です。 もしかしたらな期待が、衝動的に私を行動に走らせていました。  返事を受け取れた時、本気で涙目になってしまっていました。 これで私の人生は何とかなる。 お金をもらって、生活を改善出来る。 心の底から喜びが湧き上がってきていました。  条件は、待ち合わせして顔を合わせてからの手渡し。 素晴らしいと感じました。 仕事帰りのアポも決定して、完璧な出会いに納得しまくっていた私だったのです。 しかし、落とし穴が、この出会いには待ち受けていたのです。 ワクワクして出かけていったのに…。  仕事帰りの待ち合わせでした。 その日は朝から破顔しつづけていたかもしれません。 仕事が終わり、すぐに待ち合わせ場所に急行。 相手の男性との出会いに、ワクワク感を隠しきれませんでした。  無事に現金無償支援者と対面できたのは良かったのですが、無償支援ではありませんでした。 「やはり、完全無償は無理。初回だけ肉体関係ありで、2回目からは、完全無償で毎月50万円を支払う」 青天の霹靂でした。 さんざん迷ってしまいました。 だけど、大きな金額が手に入るのだからと、初回の肉体関係を許してしまいました。  その結果といえば、エッチしたあとは音信不通。 完全に連絡が取れなくなりました。 ヤリ逃げという形で、この関係は終了してしまいました。 貯金が少ないシングルマザー 現金無償支援者

 

 

 

2style.net