やらはた

 

童貞狩りが趣味の女の子に筆おろしさせられた体験談  やらはたで、焦りを感じていた僕。 そんな僕に、初めての経験を贈ってくれたのは、ネットで知り合った女の子でした。 ネットは、匿名性が高いため自由な発言が可能。 そのため女の子も積極的になれる。 だから、やらはたにチャンスが巡ってきたって感じがします。  社会人になって、やらはたってかなりプレッシャーでした。 なかなか、そのことを口に出すことも出来ず、困ってしまってもいました。 異性の肉体への渇望は強く、一刻も早くやらはた卒業したいって思ってて。 しかし、社会人は出会いがない。 そこで、出会い系アプリという選択肢を思いつきました。  やらはた卒業したいって、思い切って書き込んでみたんです。 初体験させてくれる女の子から、連絡がくるかもって思いました。 諦めずに、初体験したいことを投稿していく。 この繰り返しの結果、メールが到着しました。  僕にメールをくれたのは、23歳の同い年の彩香ちゃんでした。 メールの出だしは、軽い会話。 しかし、相手の方から核心を突く話をしてきて、初体験したい話を思いっきりさせてもらいました。 童貞好きで、経験させることは何度かあったって言ってくれちゃって、僕の期待は膨れ上がりました。  彩香ちゃんと、やらはたの僕が待ち合わせになりました。 テンション上がるなんてもんじゃない。 まずはドライブから。 ある程度楽しんだところで、ホテルに向かっていきました。 僕の耳元で「大丈夫、大人にしてあげる」と言い、小悪魔的な笑みを浮かべていました。  初めての女体は、危険そのものでした。 理性がなくなるのも当たり前です。 オッパイの形、肌のスベスベさ、そしてあのエロいオマンコ。 匂いまでもが、エロスを感じてしまいました。 フェラもやってもらっちゃって、とても気持ちよくされました。 経験のない自分の手で興奮してくれる彩香ちゃん。 そして、ドッキング開始となりました。  射精の瞬間、この日を迎えられて感無量でした。 やらはた卒業出来ました。 魅力的な彩香ちゃんの肉体で、卒業出来たことが何より尊く感じてしまいました。 フェラの練習台 処女喪失

 

 

 

2style.net