愛人契約

 

契約愛人  愛人契約のよさを覚えてしまったのは、女子大生の頃です。 お金が欲しく、富裕層の人からお金をもらいたいなって気持ちがあって、愛人っていう関係を作っても悪くないって思ってしまったんです。 ただ、愛人契約経験のない私。 愛人募集って、どうやればいいのか、理解できていなかったんです。 金銭的な支援が欲しかった私、なんとなく愛人というキーワードでネット検索をしていました。  愛人を募集するための掲示板。 これを見つけてしまったんです。 ここで、愛人契約してもらえるんじゃないかな? そんな気持ちになってしまいました。 大学生の頃は、キャバ嬢として働いていた私ですから、人と交流するのは上手。 メール交換さえできれば、気に入ってもらえる可能性は高いような気がしていたんです。  愛人契約に向けて、始動しました。 投稿している男性にメールを送ってみたのですが、無事に返事が返ってきました。 50代前半の男性です。 この人は、他の人たちとは違って、直ぐにホテルで関係をということは言いませんでした。 「カフェで、話をしよう」 これ、すごく安心です。 下手に最初からホテルに入って、お金をもらえないことだってあるのですから、すごく過敏になってしまっていた私。 カフェでお話っていうことで、胸を撫で下ろして待ち合わせを決められました。  見た目も、ちょっと格好良い。 キリッとした雰囲気。 最初は、ちょっと怖い人かなと思ったけど、話しているとフレンドリー。 笑顔も見せてくれました。 初回のカフェでのお話は、面接のようなもの。 この時の支払い、1万円も出してくれたのですごく嬉しくなってしまって。 後日、食事にも誘われたのですが、和牛の鉄板焼きで驚きました。 食事デートを3回ほど継続して、その後ホテルで関係を持ちました。 これが正式な契約だったようです。 月に20万円ほど受け取り、囲ってもらう生活が始まりました。  学生時代に美味しい思いをしてしまったためなのか、現在は、その人と別れてしまっているから、別の愛人探しをしています。 フェラ援 Twitterの援交

 

 

 

2style.net