フェラ援

 

トイレフェラの約束をしていたTwitterのアカウントが消滅 お金欲しいからフェラ援しているけれど、今1人の男性にあそこの周りの毛を剃って欲しいと言われて困っています。しかも、私の毛ではなく自分の毛。フェラ援したらすぐ帰るつもりなのに余計な時間もかかるし、血が出たらどうしようかと思いましたが、指定された金額よりも多く払うと言われ、血が出たらその時だから気にしないでという言葉にやることにしました。 ところが思ったよりも剛毛でなんとか毛は剃ったけれどチクチク感が残ってしまい脱毛した方がいいのではと思ってしまいましたが、男はこれで満足してくれたので良かったです。その後、約束のフェラをしましたが毛のないアレを見るのは初めてのせいか笑いを堪えるのが必死でした。そしてなんとか二倍の金額を貰いました。これでもうこの男とは会わないだろうと思いました。 ところが、私が働くマックになんとあの男が来店してきました。男は私だと気付いていなくメニューを真剣に眺めていたので私もこのままバレませんようにと願いました。ところが、ポテトがまだ揚がっていないので席に届けることを伝え男は席に着き数分後ポテトを届けた時に気づかれてしまいました。「まさか、ここで働いているんだ。そろそろ毛も伸びたしまたやってくれないかな。お金も同じ金額を払うから。」お金をもらうのは嬉しいけれど、またあれを見て笑いを堪えるのは大変だなと思いましたが、それでも後日会う約束をしました。しかし、今度は剃るのではなく脱毛オススメしようかなと思いました。 プチ援 プチ援

 

 

 

2style.net