フェラしたいオネエ

ノンケのちんこにずっと憧れていたイチモツが目の前にある フェラしたいオネエと、二人っきりで一晩一緒の部屋って、本当に野獣と同じオリに入れられた・・・ウサギ?もう捕食動物決定だよな〜。 フェラしたいオネエとそもそもなんで同じ部屋なのかと言うと、飲んでたんだよね。 で、ふと気付いたら台風直撃してて。帰れなくなっちゃったんだよ。 うわ、どうしようってスマホみたら、電車も止まってるし、タクシーなんかはもちろん無理だし。 迎えに来てくれる家族の人もいないし・・・ホテルでも探す?って検索したけど、近場のホテルは満室。 ラブホまで検索したけど、やっぱり、こんな日は無理だよね。 それで、まぁ、その店の人が「私、すぐそこだから、泊まってく?一晩くらいだったら、大丈夫でしょ?明日には帰れるよ」って。 その時はまだ俺、その人、普通の女性だと思ってたからさ・・・ すみません、いいんですか?ムフフ〜みたいな?そんな感じだったんだよ。 その人の家に行ってシャワー借りて出たあたりで、あれ?もしかして・・・女じゃないかも?って疑いだして、その人がシャワー出て着替えた姿を見た時に確信した。 見なかったことにしよう、今日酔ってそのまま寝てしまおう。明日になったらすべて終わってる! そう言い聞かせたんだよ。 だけど、もう・・・酔ったら酔ったでそのオネエが「フェラさせて〜ちょっとでいいからぁ、先っぽだけ、ね?」ってべたべたしてくるし。 「いや、マジ、そういうの無理ですから。ほんと、いいんで!」って近づいてくるオネエの頭をぐーっと手で引き離してなんとか防衛したけど、ほんと好きあらばだよね。 フェラしたいオネエとの一夜・・・紙一重のところだった・・・。 ちんこ動画 ゲイ動画

 

 

 

 

2style.net