無修正オナニー動画

テレフォンセックス オナニー動画はあまり好みではない。それが無修正オナニー動画ならばなおさらだ。 なぜならば肝心の部分が指や器具で隠れてしまっているからに他ならない。無修正マンコと言う全日本おかず選手権のグランプリともいえる存在が覆われてしまっているのだから、無修正の意味をなさない。もちろん、オナニーで感じてしまっている女の子の痴態が好きだ、と言う性癖は理解できる。ただし、それならば、無修正オナニー動画にこだわる必要はない。着衣で十分だし、国内のライブチャットサイトでリスクを冒さなくても存分に堪能できるはずだ。しかし、世の男性は無修正オナニー動画を求めて危ない橋を渡る。そうなると俺には理解ができない。 もっとも、俺も無修正オナニー動画はかなり見ている。と言うか、いくら俺が無修正マンコ派だとしても、性教育の教典のように延々とマンコだけ映されても退屈なだけだ。理屈としては「もし男にマンコがついていたらお前は興奮するのか?」に尽きる。女の子とセットでマンコと言う存在はマンコたらしめるのだ。そうなると、どうしても全身の俯瞰が楽しめる無修正オナニー動画に行きつくことになるのである。 だが、前述のように俺はオナニー動画そのものにはそれほどリビドーは覚えない。あくまでもマンコだ。例えば、指から電マへと道具を変える時に、後ろに置いてある電マを取ろうと体をひねった時に「あ、見えた!」とセンズリを加速させる。つまり、オナニー真っ最中の時はそれほど興味はなく、その瞬間に備えてボッキを維持しているだけだ。そして、「あ、見えた!」時に生き急ぐようにして果てる。俺はその一瞬のためにセンズリをしている。このロマンを理解いただけるだろうか。 サービスのいい女の子は「見せてあげるね」とくぱぁしてくれたりもするが、俺はそれもあまり興味はない。そんな人為的なマン見せに何の価値があるのだろう?あくまでもアクシデント的マン見せがベストであり、その瞬間が一番多いのは無修正オナニー動画である、と言う結論だ。・・・アホですかね? オナニー動画 オナニー動画

 

 

 

 

2style.net