ツーショットチャット

オナ指示を希望していた23歳のキャバ嬢とLINEを交換する 父が転職をしてしまい、今住んでいるところはお年寄りばかりが多く住んでいて、同じ世代の子供はいない。小学校も遠いし、生徒数も6学年全て合わせて30人くらい。それでもそれなりに楽しかった。 20歳になる頃、独り立ちをしようと思い都会へ引っ越そうと思ったけれど両親が病気になってしまい地元から離れられなくなった。周りの友達で島に乗っている人はあまりいないし、若い人も当然いない。そのせいか出会いもない。寂しい。彼女も欲しいし、欲求もたまる。そのためネットでツーショットチャットを始めました。そこでいろんな人とツーショットチャットが出来るようになってから少しエッチなトークもしたりと夜ツーショットチャットをやるのが楽しみになっていた。その中の1人アヤメちゃんが俺の住んでる島へ今度友達と海水浴しに行くと教えてくれました。島の唯一自慢が出来る所が海が綺麗なところ。そして魚介類が美味しい。俺が観光してあげようかと伝えると喜んでくれました。 当日、彼女は来ました。だけど、隣に男性と一緒。彼女は友達と話すけれど男の方は違うなと思いました。それでも色んなところを連れて行ったり、海の事を教えたりして喜んでくれました。夕方、彼女と別れ2人は民宿へ。きっとそこでエッチするんだろうなと思うと複雑でした。 夜、彼女から連絡がありました。「今日はありがとね。アッ、ア、また島に来た時はアッ、イヤン。お願いします。じゃぁ。」エッチ中かよ。それを聞かせるための電話したのか思ったけれどそれを想像しただけでアソコが大きくなってしまう俺でした。 センズリ鑑賞 相互オナニー

 

 

 

 

2style.net