セクロス

オナ指示 可愛い女の子と今日もセクロスしまくる。 俺はナンパ師という奴で、ネットでも現実でも毎日のように女の子に声をかけてセクロスを楽しんでいた。 ナンパとかうまくいかないだろってやったことないやつは言うんだけど、やってみれば意外に行けるんだよね。 その日はサイトでひっかけた女の子と待ち合わせだった。 二人でカフェでお茶をして、いろんな話をした。 聞けば、彼女は最近彼氏に振られたらしい。 うわぁーなんてベストタイミング。 俺は慰めてあげると言って肩を抱くと、向こうも俺にもたれかかってくる。 頭をなでなでしてあげて、そのままホテルへ誘導。 いざ、セクロスの開始だ。 俺は、彼女の服を丁寧に脱がせて、少し太めの身体を綺麗だねと褒めながら触れる。 感度はすごく良いうえに、太い分おっぱいも大きくて、触りごこちが気持ちいのがうれしい。 正直、骨みたいに細い子は好みじゃないんだよね。 おっぱいをペロペロすると、彼女は「いやっ」とか「ダメっ」とか声を出した。 嫌がってないのが丸わかりの声だけどね。 俺はさらに舌を下へ下へ進めていく。 胸から腹に、腹からマンコにキスをどんどん落としていく。 そのたびに彼女の身体がビクンと動くのが面白い。 足を大きく開かせて、クリトリスを舌でチロチロとなめる。 彼女の声はより一層大きくなる。 足を閉じようと抵抗するが、そこは閉じれないように、間に体を挟んだ。 俺の唾液なのか、彼女の愛液なのかわからないけど、マンコがびしょびしょになったので、俺はチンコを思いっきり突っ込んだ。 その刺激で彼女はいったのか、中がびくびくしているのがわかる。 俺は敏感になっている彼女の身体をより一層責め立てた。 セクロスが終了すると、彼女はぐったりとしていた。 「少しは慰められた?」 俺がそう聞くと、彼女は恥ずかしそうに布団で顔を隠した。 今日もいいセクロスができて満足だ。 セフレ募集 ツイッターでオフパコ

 

 

 

 

2style.net