家出の理由

JK 家出少女 私は飲食店で社員として働いています。職場には数人アルバイトの人もいます。その中の1人、中田くんが親と住んでいるはずが今友達の家に転がり込んでいると休憩時間に話していました。 「家出の理由は何。」「両親が離婚して父親のもとに暮らしているけど、父親が最近彼女を家に連れてきて居づらいから家出してる。一応友達の家にいる事は伝えているけどね。もうすぐでアパートに一人暮らしするから人見さんも遊びに来て。」「分かった。」いつも明るかった中田くんだけど家出の理由を聞いて大変だなと思いました。 そんなある日、今日は店のラスト作業を中田くんと2人でやりました。彼はその時は一人暮らしを始めていましたが、そのせいなのか前より痩せたように感じました。「ちゃんと食べているの。」「俺、料理は苦手で。」「家出の理由を聞いた時ふと思ったんだけど、お父さんと暮らしていた時は誰がご飯を作っていたの。」「親父だけど、基本はコンビニの弁当。」私はその話を聞いて可哀想に感じてしまい、仕事が終わった後に中田くんの家へ行きました。 中田くんの部屋は散らかっていて、仕事終わってからも私は部屋を掃除してあげました。そして、料理も作りました。「美味しい。人見さんみたいな人が彼女だったらいいのにな。」「中田くんみたいな彼氏だったら、ある意味毎日何かやってあげなきゃなという気持ちになるよ。」「それってダメですか。」真面目な顔で言う中田くんにドキッとしてしまう私。そして、彼は私の唇にそっとキスをしました。 パパ活アプリ パトロン募集

 

 

 

 

2style.net