CR 巨人の星 パチンコ攻略

巨人の星 基本スペック

-
通常大当たり確率 1/399.6
確変中大当たり確率 1/46.5
確変突入率 77%
時短内容 大当たり終了後50回
潜伏確変  なし
大当たり出玉 16R 1990個
11R 1380個
6R 710個
大当たり内わけ
ヘソ入賞時
16R確変  20%
11R確変 11%
6R確変) 11%
突然確変 35%
6R通常 23%

電チュー入賞時
16R確変 40%
11R確変 23%
6R確変 11%
突然確変 3%
6R通常 23%

巨人の星 ボーダーライン

換金率/営業形態 -
2.3円 22.7回
2.5円 21.6回
3.0円 20.1回
3.5円 18.7回
4.0円 17.5回

巨人の星 モード演出全般

  • モード演出全般

    図柄3つ揃いの確変大当たりから突入する『バトルモード』では、「ボール選択」演出で、大リーグボール3号を選択すれば16R大当たりと連チャンが確定。また確変中は、ボール選択後に大当たりが確定。ボール選択前のカットイン予告では、明子のカットインや赤カットイン、目の炎、SU3発展時でのセリフ違いに注目します。
    出玉なし確変大当たりから突入する電サポ付き確変モード、つまり突確経由の『大リーグボール特訓モード』では、「開眼チャンス」演出に発展して、ルーレットが回転。ボタン押しで球種を選択。そこからの展開として、飛雄馬が魔球開発から大リーグボール、特に3号を生み出せれば16R大当たり濃厚。

    これら「ボール選択」「開眼チャンス」演出からは、図柄揃いで『対決ボーナス』へ突入。信頼度は、大リーグボール3号>2号>1号>直球、対戦相手を見た場合、伴宙太>オズマ>左門豊作>花形満の順となる。花形を抑えるのは至難ということになります。対決で敗れても、明子登場で逆転の6R確変昇格。またバトル後の11R目では一徹がちゃぶ台を引っくり返し「一徹ギミック」の発動で16Rが確定します。

    対決ボーナス後の時短50回転モードである『飛雄馬黄昏モード』では、飛雄馬の眼に炎、星空に「G」の星、再起を促す新聞記事、明子や伴、花形らの再起を促す激励カットイン。キャラや枠の色がポイントになります。京楽特有のゼブラ柄も激アツ。

  • 攻略手順

    釘の調整については、盤面左のスルーでは風車から左に流れない仕様か自分なりに見たい。風車真上の左右の釘が左側or下側に傾斜していないかがポイント。また、左右電チュー周りの仕様が塞がっていないかも見たい。

    さらに『爽快水戸黄門2』から京楽では潜伏確変が搭載されず取っ付き易くなり、また大当たり中は、爽快水戸黄門2と同様に打ち手の技術介入の余地が大きくなっているとされています。電チューロング開放での「止め打ち」や、「ひねり打ち」など。ひねり打ちでは、大当たりしたら右打ちでアタッカーに玉を入れますが、水戸黄門2同様に9カウントなので、8カウント入賞で一旦止めます。そこから弱めに玉を飛ばしたら、ハンドルを右に全開にひねって玉を強く打ちます。これで9カウントながら、巧く「10カウント」を狙うことができます。

 ⇒ 巨人の星 無料攻略手順
2style.net