2style.net

クラウドコンピューティングとは

photo1

最近、『クラウド・コンピューティング』という言葉がよく聞かれます。
クラウド・コンピューティングとは、ネットワーク上に存在するサーバが提供するサービスを、それらのサーバ群を意識することなしに利用できるという、コンピューティング形態を表す言葉です。
具体的に説明すると、サービスの提供者は大規模なデータセンターなどに多数のサーバを用意し、遠隔からネットを通じてソフトウェアやデータ保管領域を利用できるようなシステムを構築する。
サービスの利用者はユーザ登録を済ませるとすぐにソフトウェアなどを利用することができ、作成したデータの保存・管理などもサーバ上で済ませることができる。
利用者は、ソフトウェアの購入やインストール、最新版への更新、作成したファイルのバックアップなどの作業から解放され、必要なときに必要なだけソフトを利用することができる。
無償で利用できる場合もあるが、一般的には利用期間や利用実績などに応じた料金を支払う。
また、ネットワークを図で表すときに、雲の絵を使うことが多いことから、『クラウド(雲)』と表現しま。
雲の中にはハードウェアやソフトウェアの実体があるが、その中身は見えない(気にしなくてよい)というイメージです。