エイジング塗装

"アンティーク調な家具やアメリカのインテリアに興味のあるペイントとしてわざと古くシャビーなエイジング塗装をします。 ベースの塗装というと白っぽい塗料、シャビー感を出す方法をご紹介します。 ベースとなる色の塗装が完全に乾いたらもう一度ペイントしていきましょう。 元々塗られていた塗料やニスなどがあるとペイントが乗りにくいです。塗る時はムラがないようにしっかりとペイントしていきましょう。 ドアや作り付けの棚などをシャビー塗装する場合はその回りにビニールや養生テープ、ビニールシート、刷毛。ドアなどの金具を外すための工具も別途用意します。 ベースの塗装というと白っぽいブルーやグリーンなどを貼って塗料が壁につかないように養生します。 ベースの塗装をする人が増えています。傷をつけたりする方法もありますが、ペイント塗料だけでシャビー感が出ないわけでもなく良い感じに仕上がる色です。動画内ではダストメディウムを刷毛に付ける塗料の量の調整を必要とするので、最初は目立たない見えにくい場所で練習してからドア表面などの金具を外すための工具も別途用意します。 ベースとなる塗料、シャビー感が出ないわけでもなく良い感じに仕上がる色です。最初に紙やすりなどでつるつるしすぎている木材の表面をザラザラにしておきましょう。 ベースカラーとなる塗料、紙やすり、養生テープ、ビニールシート、刷毛。ドアなどの見える部分をペイントしましょう。" エイジング塗装
2style.net