2style.net

iphone

"iPhoneは精密機器ですので、高温多湿の環境ではさまざまな不具合が出る原因となります。 車内にiPhoneを放置するのもリスキーです。 Appleの公式ホームページでも記載があるように、iPhoneの使用環境は、0度から35度の間です。 夏場のエンジンを切った車内のダッシュボード付近では、70度を超える温度になることもあります。 iPhoneを使用する環境の温度が高いケースは、発熱するきっかけになります。 高温になりやすい夏場以外でも、熱いお風呂場での使用やサウナでの使用は絶対に避けるように心がけてください。 とくに真夏、外でiPhoneを使用する場合は、直射日光が本体の金属ところに当たり、高温になりやすいので用心しなければなりません。 ポケットの中も、風通しが悪く熱がこもりやすいため、iPhoneが発熱しやすい環境となりますので、配慮しましょう。 公式で定められている温度以外での使用は、iPhoneに大きなダメージを与えることになります。" iPhone修理 江南