2style.net

装飾

"潮風の吹く海沿いや、雨の多々ある地域、強風の吹く地域などでは、耐用年数に達する前に、構造造の寿命が訪れる確率がありますが、野立て看板を熟慮するときに一つの目安になるかと思います。 耐久性は木製と対比して鉄骨製の方が格段に高く、耐用年数は20年間もの長期間となります。 反対に、これから建売住居が建つ土地に一年間の期間限定で野立て看板を立てたい、期間限定のイベントを開催している間だけ野立て看板を立てたいという時には、これほどの耐久性は要求されないかと思います。 用途や目的にマッチして、使い分けるのが良いでしょう。 木製と言っても充分にと地面に打ち付けて有れば風雨にも強く、一年以上は十分に使用する事ができます。 その時は木製の脚(木柱)を利用した簡易的な野立て看板を使用する事が多々あるです。 野立て看板の製法は、大きく分けて鉄骨を使用した鉄骨柱か木材を使用した木柱の2種類に分かれます。 板面には軽量で耐久性の高いアルミ複合板を使用する事がほとんどです。" イベントブース装飾 愛知