2style.net

サムライ

"戦闘シーンで相手役がいなく不都合が生じていた千葉真一は1970年にJACを設立し、吹き替えでなく演じることのできる俳優を育成し開始出来ている(⇒そのほかは#団体・人物を参照)。 現在、殺陣・擬闘(擬斗・技斗)は劇団の研究所で俳優の正式科目として採用されているが、今までは指導・育成する団体は少なく、日本では1960年代以前、俳優の代わりに吹き替えで応対されることが多かった。 また室町は殺陣師でありながら殺陣の殺の字を避け殺を使わない”演陣”と書いてタテと読むなどと言った新たな殺陣(演陣)文化の振興を提唱している。 そして擬闘(擬斗・技斗)は特に刑事ドラマ(1970年代から80年代にかけての)や格闘ドラマ、スーパー戦隊シリーズなどのアクションシーンで近現代的な格闘であるボクシングやレスリングなどといった競技の手法を取り入れた演技で使用される。 現在、殺陣の技術を有する者として、正しくこなすには敷居の高い二刀流や両刀薙刀も綺麗に扱う事の可能な京都・東映の峰蘭太郎が「日本一殺陣技術の優れた者」との意見がある。 この技斗を専門に扱うスタントマンとして「技斗師」と呼ばれる人がおり、出演者が技をかけているように見せる「擬斗」と呼ばれる演技指導も行われる。 また、刀は言うまでもなく、小太刀、二刀は言うに及ばず、当第一の抜刀居合の速さ、槍捌きなど総合的な技術、美しさなどから役者・殺陣師の室町大助(現、室町帝助)を「第2の若山富三郎として日本一」と推す声もある。 更に薙刀においてはハリウッドでも活躍する、役者真田広之が日本一との声も高い。" 大阪 余興