2style.net

相続

"裏を返せば、相続人が申告しない限りは、金融機構の方で死亡の事実を知る事はほとんどありえないので、死亡されたまま凍結されていない口座も沢山存在しています。 その死亡届の提示がなされたからといって、各金融機関にその情報が伝わって口座を凍結するわけではないのです。 つまり、このように相続人からの申し出(自分の意思か、そうでないかも含めて)による預金口座の凍結があらかたを占めております。 少々前もって知識のために銀行へ手続き方法を問い合わせてみようという安易な心境で電話してしまうと、それだけで勝手に凍結されてしまうことがありますので注意が必要です。 人が死亡したケースには、役所の方へ死亡届を提示する事となります(いつもは葬儀屋さんが代理して提出してくれます)。 相続人自らの申し出により預金口座が凍結されることはよくありますが、それ以外にも自らの意思とは関係なく凍結されてしまう場合もあります。 主人の名前は山田太郎、生年月日は・・・・」これでもう銀行に死亡の事実を知られてしまいます。 金融機関が新聞の訃報欄によって死亡の事実を理解することも中にはあるようですが、これについてはほどんどないのが実情のようです。 では、如何にいったキッカケがあって金融組織は相続発生の事実を知ることになるのでしょうか?本当は、そのキッカケで最も多い理由が、相続人が金融機関に照会をしたことです。 それではお調査ししますので死亡した方のお名前と生年月日を教えていただけますか?」「はい。 「主人が死亡したので相続手続きの事を教えてくれのですが・・・」「(銀行員)承知致しました。 金融機関によってはたったこれだけでも凍結完了となってしまいます。 どこかにキッカケがあってはじめて金融組織の方で銀行口座を凍結します。" < href="https://yamazakishin.com/">行政書士 名古屋