2style.net

茶道

"茶道は昔から茶人の長い経験と創意創意工夫により、時間をかけて洗練されてきた点前により成り立っている。 その上、「一期一会」今生でただ一度の茶である覚悟で参会する、それが茶のこころなのである。 しかしながら、作法としての茶道の点前だけをみると、なんとも困難に、窮屈なものと思う人も多いだろう。 今や、日本文化を理解するうえで不可欠なものと言ってもいいだろう。 また、普段家庭や職場、学校などで扱う道具の持ち運びにしても、茶道具を扱う考えで行えばあやまちを起こすことはない。 ただ、茶はそもそも亭主が釜をかけて客を招くということだけである。 人と人との出会いで茶をもてなし、もてなされる際のお互いの真心を大切にしているだけのものである。 茶道を習うことにより、人前に出て恥ずかしくない行動を自然と可能なようになるのである。 火の始末、手狭な場所を実用的に使う水屋の動き、合理的な懐石料理など茶道を通じて身につくものは数限りない。 茶道は日本の伝統文化として、日本国内だけでなく、海外にも認められている。 亭主は心を尽くして客に楽しいひとときを過ごしていただく。 だから、一見堅苦しいと思える点前だが、その姿は実に無意味のない、きれい形となっているのである。 そして、こつこつとお稽古をする事により、毎日の行動での「うっかり見過ごす」事や「間違え」たりする事をなくし、充分にと普段暮らしをしていくための「何か」を求めるのが茶道である。 つまり、ただお茶を飲むのではなく、点前を通じ規律正しさ、人との接し方、手の運びやボディー全部の動作など、儒教で言うところの五つの徳(仁・義・礼・智・信)にかなった行動を教え導くものなのである。" 中古 茶道具