肌に優しい日焼け止め

使うなら肌にやさしい日焼け止めを

夏場などは特に日焼け止めが離せない季節ですよね。しかしそれと同時に、日焼け止めによって肌が荒れてしまう人も少なくありません。日焼け止めは肌にいくらかのダメージを与えるものなのです。

日焼けを防ぐために日焼け止め効果の強い日焼け止めをという気持ちは分かりますが、そのために肌が傷んでしまっては意味がないですよね。

日焼け止め剤は、紫外線が肌に到達するのを防ぐものですが、その方法には大きく2種類あります。

「紫外線散乱剤」‥‥日焼け止め剤により紫外線を散乱させてしまうタイプ
「紫外線吸収剤」‥‥紫外線を吸収させるタイプ

紫外線を防ぐ効果としては紫外線吸収剤の方が強いのですが、その反面、肌へのダメージが大きいのです。ですので、肌へのダメージを避けたい人は紫外線吸収剤が入っていないタイプを選んだほうが良いでしょう。

ただしその分、紫外線を防ぐ効果は少し弱まりますので、その分

 ・数時間ごとに日焼け止めの塗りなおしを行う
 ・日差しの強い時間に外出するときは、帽子や日傘を使用する

などの気遣いは必要です。

そして、「毎日使う」「塗りなおしをする」ことを前提にするのなら、初めから肌に優しい日焼け止めを選んでそれを使用しておくと良いと思いますよ。

母の滴 UVクリームは紫外線吸収剤を使用していないので肌に優しくUVケアができます。 「美肌」「化粧乗りの良い肌」「化粧崩れしにくい肌」を目指したUVクリームなので安心して毎日使うことができますよ。



TOP PAGE
2style.net