日焼け,対策

日焼け止めのSPF数値の見方

日焼け止めを購入しようとすると気になるのがSPFの値ではないでしょうか?

では簡単にSPFの説明をしておきますね。SPFは日焼けのしにくさの指標で、ある人が、20分間紫外線をあびることで日焼けしてしまう肌の場合をSPF1としますと、SPF30というのはその30倍の日焼け止め効果があるということです。つまり、20分×30=600分紫外線を浴びても日焼けしないように肌を防ぐということです。

600分=10時間だからスゴイじゃん?と思うかもしれませんが、これは理想的な状態での日焼け止め効果ですので注意が必要です。日常やレジャーでは、汗や水分、あるいは何かが触れることによって日焼け止め取れてしまいます。そのため、数値通りの日焼け止め効果が出ないことが多くあります。

そのため、定期的に日焼け止めを塗り直すことが必要となるのです。

ただしSPFが高ければよいのかというと、SPFが高ければそれだけ肌への負担は大きくなります。自分の肌と相談して調度良いSPFの日焼け止めを使い、コマメに塗り直すことが大切なのです。



TOP PAGE
2style.net