日焼け,対策

少量の紫外線なら日焼け止めは不要なことも

紫外線を浴びるのが嫌だからと、普段少し出かける時でも日焼け止めを付けている人も居ますが、肌への負担ということを考えると、あまり日焼け止めを塗りすぎるのも考えものです。

日焼け止めを塗ることによって、肌にはいくらかの負担がかかります。そのため、紫外線を浴びることは防げるかもしれませんが、その分肌に負担がかかり肌が荒れてしまっては何もなりません。

夏以外の少々の外出程度であれば、紫外線防止効果のあるファンデーションで代用するのもひとつの手です。パウダータイプのファンデーションなど、紫外線防止効果がある商品もありますので、少々の外出程度であればそれで十分なことが多いです。

もちろん、数時間も外出するような場合はファンデーションだけでは不足してしまいますので、その場合は日焼け止めをしっかり塗ることが大切です。

また、汗をかいたときは日焼け止めが流れてしまうので、2〜3時間ごとに日焼け止め(あるいはファンデーション)を塗り直すということもしておいたほうが良いですね。

あまり紫外線を気にしすぎてしまうと、普段、家の中にいるときも、ガラス越しに透過してくる紫外線まで気になってしまうものですよね。そんなときも、気になるのならファンデーションで紫外線防止をしておけばよいです。

ただし、「外出する時間がある程度あるかも」「昼間に外出するかも」や「ファンデーションでは心もとない」と思うのなら、肌に優し目の日焼け止めを利用するというのも良いでしょうね。

結局、焼けちゃった。。。って後で後悔したくないと思うのなら、最初から、毎日使うことを前提にした日焼け止めを選んでおきましょう。



TOP PAGE
2style.net