日焼け,対策

大きく2種類に分類される日焼け止め

紫外線吸収剤使用タイプと紫外線散乱剤使用タイプです。

紫外線吸収剤使用タイプは、その名の通り、紫外線を日焼け止め剤で吸収してしまうタイプです。ジェルやオイルで紫外線を吸収してしまうため、肌に紫外線が届かないということです。このタイプは、高いSPF値を出せる製品を作ることができます。また、ジェルやオイルが白っぽくなりにくくさらさらしており、扱いやすいというメリットもあります。デメリットとしては、肌への負担が大きくなるということです。肌が弱い人には向かないかもしれません。

それに対して紫外線散乱タイプの日焼け止め剤は、届いた紫外線を散乱させることで肌に到達するのを防ぐタイプです。こちらは化粧品にも使用される無機成分を使っており、肌にやさしいのが特徴です。デメリットとしては、紫外線吸収タイプよりも日焼け止め効果が低く、SPFが低くなる傾向にあります。また日焼け止めジェルが白っぽくなるため、見かけの問題があります。

日常使用とレジャー使用、あるいは自分の肌に合わせてどちらが良いのか検討してみると良いですね。



TOP PAGE
2style.net